東京都新宿区にある日本語教師養成と日本語教育の新宿日本語学校 

江副式教授法


見える日本語・見せる日本語
日本語に接したことがない外国人に日本語を教えるためには、日本人に国語を教えるのとは全く異なるアプローチが必要です。
新宿日本語学校は1975年に設立されて以来、日本語教授法の研究を続けてきました。
その教授法の研究の成果は、TOSS代表 向山洋一先生に「江副文法」と名付けられ現在に至っています。
この「江副文法」では日本語を「情報」と「述部」に分け、その間に二列の助詞があると考えています。
この教授法は、外国人に対する日本語教育のみならず、日本人に対する国語教育にも生かされるといって、注目を集めています。特に、ろう学校ではその有効性が認められ、一部の学校で取り入れられ始めています。

日本語の可視化 〜日本語の助詞は二列〜
「江副式教授法」を使ったわかりやすい教え方

江副文法を利用した江副式教授法は、日本語の品詞を可視化させ、更に助詞を二列に分けたことに特徴があります。
まず、品詞は次のように分けています。
活用しない言葉は暖色系の四角いカードに、活用する言葉は寒色系の三角がついたカード、それらと異なる言葉はネズミ色の両側が丸いカードにしてあります。そして、二列の助詞もそれぞれカードを使って可視化させています。

  動詞グループ
  名詞グループ
  副詞グループ
 動詞          
 なにでの形容名詞     
 副詞        
する名詞       名詞      する副詞
 形容詞       時数詞      呼応の副詞
 文末表現            する名詞       

①「鳥は空を飛ぶ」のような通過の「を」は左から右に通る矢印の形で表します。

②「バスを降りる」や「大学を卒業する」のように離脱の「を」を表すときは、片方を隠し、「離れる形」だけが見えるようにします。 ③「ご飯を食べる」のように対象を示す場合は、両方を隠し、対象をつかむ形にします。

     

江副式教授法の実践例 〜ろう学校での授業〜
一部のろう教育の現場で、江副式教授法を使った「見える日本語、見せる日本語」を授業に取り入れています。
               
この学校では、市販の付箋紙を使って、江副文法を学習しています。