日本で勉強することの覚悟を決めていますか?自分が通う日本語学校や大学をすでに見つけてあるのは良いことですが、留学生ビザの申請を忘れないようにして下さい。留学生ビザは、日本の観光旅行以上の計画を持っている方々にとって、重要な証書です。

日本留学生ビザの取得の段階

  1. 自分の通う大学・日本語学校からもらう在留資格認定証明書の原本とそのコピー
  2. 正確に記入した留学生ビザ申請書
  3. 申請書用写真1枚
  4. 有効のパスポート
  5. 滞在許可証 (EU加盟国以外)

留学生ビザは何ですか?

パスポートは母国政府が発行するものです。国際身分証となります。ビザは、日本政府から発行され (または、住みたい国の政府から)、その国に明確な目的で一定の期間、日本に住むことを認めている証書です。したがって、仕事をするためのビザ(良くワーキングビザと言われる)も、勉強するためのビザも、または、国により、観光旅行のためのビザ (ワーホリ = ワーキングホリデービザ)もあります。ビザの取得後、ビザはパスポートの中に貼られます。

日本留学生ビザの取得方法

なぜ留学生ビザを申請しますか?

母国により、観光旅行の法的期間は変わります。しかし、たいていは3ヶ月間や90日と定められています。勉強により、日本での滞在期間が母国で法的に認めている期間以上となると、留学生ビザが必要とされます。

どのように留学生ビザを申請しますか?

手続きは、割と時間がかかりますので、日本に着く最低6ヶ月前から手続きを始めるのをお勧めします。資料の郵送が簡単にできる上、全ての書類が正確に揃っていることを確認するために、幾つかの日本大使館と直接やり取りをすることができます。したがって、日本大使館のサイトで予約を取ることをお勧めします。(記事の最後に、日本大使館のリストにまとめました)。

段階1: 在留資格認定証明書の取得

留学生ビザを取得するには、最初、日本で通いたい学校や大学を見つけなくてはいけません。入学手続きの後、入学した学校・大学が入国管理局と交流し、在留資格認定証明書の取得のための手続きを行います。申請が認定されたら、在留資格認定証明書が送られます。

しかし、全ての日本語学校が在留資格認定証明書を配布できるわけではありません。

注意 : 多くの日本語学校が在留資格認定証明書を獲得することができません。学校・大学を選択するとき、その要素を確認すべきです。新宿日本語学校は、在留資格認定証明書を獲得することができますので、当校で入学したい方、または、当校が提供するコースについてもっと知りたい方は お問い合わせください。日本で勉強できるための在留資格認定証明書を取得するために案内とお手伝いをいたします。

日本に来て、住みながら勉強してください

段階2 : 日本に入国するためのビザの取得

在留資格認定証明書の要求の後に、ビザ申請書を記入してください (英語版)。ビザ申請書は手書きでもコンピューターでも記入することができます。ビザ申請書には、6ヶ月以内に撮影したきちんと顔全体が写っている写真を貼ってください。スキャンされた写真や家でプリントアウトしたものは受け取られません。ビザ申請のための手続き書類を提出するとき、有効のパスポートと滞在許可証 (EU以外)を持って行ってください。

日本大使館がビザの配布の拒否の原因・理由

ビザ申請のための手続き書類は、要求者が日本大使館に提出しなければいけません。書類をクリップで挟まないでください。全ての手続き書類を提出していなければ、日本政府はビザ申請を拒否します。そのため、以上に書いてある全ての段階を守ってください。ビザ申請の手続き書類には、パスポートと同じサインにしてください。

たくさんのステップがある上、時間はかかりますが、手続きする価値はあります。なぜなら、日本に住み、日本で勉強することができますから!

世界中にある日本大使館のお役立ちリンク(一部除く)

ヨーロッパにある日本大使館

北アメリカにある日本大使館

南アメリカにある日本大使館

  • Embaixada do Japão no Brasil

オセアニアにある日本大使館

アジアにある日本大使館

Tags: